AURIGAシリーズAURIGAシリーズ

AURIGAは高品質なエッジバンディングを、少ない投資と省スペースで実現するために開発されたハイコストバフォーマンスなモデル

標準仕様について

機械寸法と重量
ARUIGA 1303 ARUIGA 1304 ARUIGA 1307 ARUIGA 1308 AURIGA 1308XL
全長(mm) 3920 3920 4630 4630 4930
(mm) 1600
高さ(mm) 1760
重量(kg) 930 1060 895 1250 1420
加工寸法
ARUIGA 1303 ARUIGA 1304 ARUIGA 1307 ARUIGA 1308 AURIGA 1308XL
パネル長さ(mm) 210~[1918搭載時は 160~] 160~
パネル厚み(mm) 6~45[1918搭載時は 6~60] 6~60
エッジ厚み(mm) 0.4~3[1918搭載時は 0.4~6] 0.4~6
送材速度
ARUIGA 1303 ARUIGA 1304 ARUIGA 1307 ARUIGA 1308 AURIGA 1308XL
送り速度(m/分) 10
ユニット構成
ARUIGA 1303 ARUIGA 1304 ARUIGA 1307 ARUIGA 1308 AURIGA 1308XL
操作パネル シンプル操作パネル コンピュータ操作パネル
ビーム昇降 手動(デジタルカウンター付) 手動[自動昇降]
エッジフィーダー 自動エッジフィーダー 1903コイルエッジ 0.4~3mm、カット材エッジ 0.4~6mm、カット材ストック幅 40mm
プリミリング 1801:パネル厚みmax.45mm
グルーユニット Glu Jet:新開発フィルムテクノロジー、カートリッジグルーシステム[カートリッジ4連ホッパー、ペレットグルー用ホッパー]
プレスユニット 3ローラープレスユニット 1912-3Pn.:第1ローラーモータードライブ+圧力可変エアーステーション
エンドカットユニット 2モーターユニット 1918pn.:パネル厚み max.65mm、0/チャンファー10°
トリミングユニット マルチファンクション 1827Pn.:平削り max.6mm / R 加工 / 傾斜0~15°
コーナーラウンドユニット 1モータータイプ 1832H:エッジ厚み max.3mm、パネル厚み12~60mm
スクレーパーユニット 1929Pn.: パネル厚み min.12mmR/傾斜 15°のスクレーピング
サーフェイススクレーパーユニット [1964]:バフユニットと交換搭載ブローノズル付 1964:ブローノズル付
バフユニット 1940:取付角調整可
サーフェイススクレーパーユニット [1856]:投入口とサーフェイススクレーパー前

[ ]はオプション

このページのトップへ